時津図書館

おすすめの本

時津図書館スタッフがおすすめの本をご紹介

一般書『紙幣の日本史』加来 耕三/著(株式会社KADOKAWA)

 先日、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が新紙幣(2024年度~)の肖像
に選ばれ、話題となった。だが実は、肖像のセレクトには「時代背景」や
「印刷技術の制約」が絡んでいる。本書では「紙幣の肖像の背景」を検証
し、そこにある“知の発見”を提供していく。



 

児童書『こびとの台所-子どもがつくるうちのごはん』上田 のりこ/著 (星の環会)

 お米のたき方から、出汁のとり方、うどんの打ち方まで、本格派料理の本。
子どもだからってできないことはないよ。さあ、一流の料理人目指して挑戦だ!