時津図書館

おすすめの本

時津図書館スタッフがおすすめの本をご紹介

児童書『あかちゃんいまどのくらい?ーおにいちゃん、おねえちゃんになるきみへ』スムリッティ・プラサダム=ホルス/ぶん ブリッタ・テッケントラップ/え なかの まゆみ/訳 (潮出版社)

 おなかのあかちゃんは、はじめはちっちゃいけど、少しずつ大きくなって
生まれてくるんだよ。どんなふうにおおきくなるのか、しりたい?それはね・・・
さあ、おなかのあかちゃんをのぞいてみよう。きっとびっくりするよ!

 

 

 

一般書『旅する建築家ー隈研吾の魅力』田實 碧/著 (双葉社)

 新国立競技場の建設を担当した隈研吾氏は、いまや多くの人が知る
建築家の一人。「隈建築が世界から評価される理由とは何か?」その
建築哲学、人間力に迫る。本書は隈氏と30年以上に渡り親交がある
空間デザイナー田實碧氏がロングインタビューを敢行。これまであま
り語られることのなかったエリート建築家の生い立ちから現在までを、
数々の名建築の誕生秘話を交えながらつづる。