時津図書館

おすすめの本

時津図書館スタッフがおすすめの本をご紹介

一般書『江戸の怪談』にほんの歴史★楽会/編 (出版芸術社)

「餅を買う幽霊」「もの言う髑髏」「妖怪の親子」など、江戸時代に
出版された多くの本の中から、怖い話、面白い話を選び出し、読みや
すさと分かりやすさを考慮して、現代語に訳した怪談本。


 

 

 

 

児童書『妖怪俳句』石津 ちひろ/俳句 広瀬 克也/絵 (絵本館)

妖怪たちが季節ごとに俳句を詠んでいる絵本だよ。どの妖怪の
俳句がおもしろくて素敵かな?友達や家族と読みあいっこした
あとは、俳句を作ってみてもおもしろいかも。